ひぐらしのなく頃に業 鬼騙し編 第4話についての考察や雑記

鬼騙し編が完結した。

最後の展開はマジでビビった。もう少し鬼隠し編っぽい感じで進むと思っていたので。
あとめっちゃ怖かった……。中学生のころに初めてひぐらしを読んだときの感覚が甦ったわ……。

さて、今回も考察してみたいと思う。

これまでの考察はこちら。

第 4 話のあらすじ

日に日に疑心暗鬼を募らせる圭一は、朝迎えに来たレナと顔を合わせることができず、学校を休む。
それでも仲間であるレナを信じたくて葛藤する圭一に、思わぬ人物が声をかける。
https://higurashianime.com/story/001_004.html より引用

入江診療所

改装中ということになっていた。

だが改装中いうのは嘘だろう。
作業員もおそらく山狗だ。

入江機関としての痕跡を無くすために、山狗が作業をしていたのかも知れない。

なぜ痕跡を消す必要があるのか?

鷹野と富竹の失踪により、入江機関の即時解体を命令されたといったところだろうか。
だが流石に数日行方不明になったくらいで、即時解体を進めるのは不自然だ。

誰かが鷹野と富竹の行方不明も含めて、裏で糸を引いているのではないか。

平成ひぐらしでは鷹野を唆した「東京の野村」という人物がいた。
令和ひぐらしでは「東京の野村」が属する派閥に対抗する勢力が、誰かを唆したのかもしれない。

梨花の行動

圭一のお悩み相談を行っていた。
さすがに何もしていない、というわけではなかった。
ただ最初のアクション遅すぎない?

お悩み相談をしたのに圭一が L5 を発症していたとしたら梨花がかわいそかわいそなので、僕はこれのおかげで圭一は L5 を発症せずに済んだと考えたい。(少なくともすぐには)

ところで、梨花が「嘘だッ」の出来事を知っているのは何故なんだろう。
ひぐらし解までの 100 年間に、羽入から聞いたという理解でいいのだろうか?

あるいは新しい能力に目覚めていたりはしないだろうか。
これまではいろんなカケラを渡る能力だったのが、カケラを俯瞰する能力にパワーアップしていたりとか。
よりベルンカステルに近い存在となってきていたりして。

ただそうなると、竜ちゃんが大好きな「信頼できない語り手」を使えない。
梨花が誤認したり嘘を付く理由がないはずなので。
梨花自身が雛見沢症候群でおかしくなっていなければの話だが……。

レナの訪問、そして戦闘へ

圭一が疑心暗鬼を克服したと思ったときの感動を返せと言いたくなる、すごい急展開だった。

先程も書いたがお悩み相談をしたのに圭一が L5 を発症していたとしたら梨花がかわいそうなので、僕はこのときの戦闘は、そのまま起きたもの(=圭一の幻覚ではない)と思うことにしている。

ただその場合、圭一の生命力高すぎ問題と、レナの防御力ザコすぎ問題が発生する。
主人公補正と言われればそれまでかも知らんが……。

他の方の考察で「最初から、あるいは途中からレナと圭一の立場が入れ替わったのでは?」というものがあった。

確かにそれなら圭一が生きているのにも納得がいくし、レナが助からなかったのにも納得がいく。
正直これが正解じゃないかとすら思っている。

ただその場合、やっぱり梨花がお悩み相談したところでどうにもならないことになる。
それはつらすぎるので、圭一が L5 を発症せずに済んだという方向の推理をまとめたいと思っている。
今はなにも思いついていないけど……。

入院

気になるのが怪我をしている箇所。

首にコルセットを巻いていたが、あの戦闘で首にコルセットを巻くような怪我をするか?

戦闘時「レナと圭一の立場が入れ替わっていた」のなら、たしかにテーブルに首をぶつけていたので、コルセットを巻く理由もわかる。
やはり入れ替わっていたのか……?

ただ入れ替わっていたとしたら両親や大石からのあたりは、もっと強いものになるのではないだろうか?
入れ替わっていたら前原家の包丁でレナがめった刺しにされているところが発見されたことになるわけだし。
圭一もケガをして倒れていたとはいえ、一番の容疑者となるのではないだろうか。

魅音のお見舞いと梨花・沙都子の死

魅音がお見舞いにきたとき「圭ちゃん、久しぶり〜!何年ぶりだっけ?」「2 日ぶり……ってことはないよな」「うん、そうだね……」というやり取りがあった。
このことから、魅音がお見舞いに来たのは少なくとも事件から 3 日以上は経っていることがわかる。

圭一・レナの事件翌日に、梨花・沙都子が死亡しているのが発見されたので、魅音がお見舞いに来たのは梨花の死亡から 2 日以上経っている。
緊急マニュアル第 34 号の適応は、女王感染者である梨花の死亡から 48 時間以内であるはずなので、このカケラでは雛見沢大災害は発生しなかったものと思われる。

梨花・沙都子は同じ包丁で首をめった刺しにされたことが原因で死亡している。
梨花がこの世界を諦めて自殺を図ったというのはわからないでもないが、それはそれでいろいろ気になる点がある。

  • わざわざ沙都子まで殺す必要あるか?
  • 綿流し編、目明し編のような状況ならともかく、自宅での自殺で包丁めった刺しをチョイスするのは気が狂っている……

であれば沙都子が梨花をめった刺しにした後自殺?
梨花をめった刺しにする理由は、入江機関の封鎖により薬が切れて L5 を発症した、とかはありそう。
しかしこれも、沙都子が自分の首をめった刺して自殺するのはやはり釈然としない。
首を掻きむしって死亡ならわかるが。

もしかして本当は首を掻きむしって死亡したのだが、近くにある包丁で死んだと思うほうが自然だったので、そのように検死を誤ったとか?
ただ検死を誤っている可能性を視聴者に提示しなければフェアじゃないよな〜と思うので、それはないかも。

お弁当箱

第 1 話の古手神社でお弁当を食べるとき、レナはお弁当箱を圭一に持ってもらっていた。 しかしそれ以降のレナは、圭一になにかを持ってもらうことを拒否するようになった。

第 2 話のケンタくん人形を救出しに行くときと、第 4 話のレナがご飯を持ってきてくれたときだ。

この間に、レナになにかあったのではないかと思っている。

LIKE

ブックマーク機能はないですが
いいねをたくさん送れます

SHARE
shota

システムエンジニアのようなことをして暮らしています。